時間をかけない

聴診器

カロリー制限やエクササイズなどのダイエットをすることで、脂肪組織は小さくなります。
しかしこれは、あくまで小さくなるだけです。
ダイエットによる燃焼で脂肪細胞が小さくなり、さらに余分な水分や老廃物が抜けていくため、全体的にサイズダウンするわけです。
そのためダイエットをやめれば、また元に戻ってしまう可能性があります。
ところが美容外科での脂肪吸引という治療では、組織自体が物理的に排除されます。
脂肪細胞が小さくなるのではなく、個数が減少することになるので、リバウンドのリスクはほとんどないと言えます。
せっかく時間と労力とをかけてダイエットをしても、リバウンドをしては元も子もありません。
しかし美容外科での治療の場合、時間も労力もさほどかけることなく、確実な痩身効果を得ることができるのです。
昨今では、効率の良いダイエット方法がどんどん発案されています。
そのため最も効率が良いと言える美容外科での治療によるダイエットを選択する人は、今後増えていくと考えられています。

しかし、いくら吸引することで脂肪細胞の数自体が少なくなっても、いくらかは残ります。
吸引が可能となっているのは、体重の5%ほどまでなので、それ以上の部分は残ることになるのです。
その残った脂肪細胞が肥大化すると、体は太っていきます。
個数が仮に半減したとしても、ひとつひとつが倍以上の大きさに肥大化すれば、体は吸引する前の段階よりも太くなってしまうのです。
しかし逆に言えば、肥大化させない限りリバウンドする心配はないということです。
カロリーオーバーをしないように、あるいは燃焼をストップさせないように、ある程度生活に気をつけていれば、美容外科での治療によって得た細さを、一生涯維持し続けることも可能なのです。